M字ハゲが気になる男性必見!薄毛が目立たないベリーショート集!!




まえがき

 

年齢にかかわらず、世の男たちを悩ませているもの、それが…
「m字ハゲ」。

・額の両角の部分が後退している、薄くなっている
・加えてそれ以外の部分もさみしくなっていて額のmが目立つ

そんな状態のことを指します。

本当にハゲてるわけじゃないんだけど、おでこが目立ってハゲ感がある。。
全体的な髪の量は結構多いんだけど、顔周りがぺったりしやすくてかっこ悪い。。
全体的なボリュームもないし、もうどんな髪型にしたらいいのかわからない。
そんなお悩みを解決するおすすめの髪型があります。

それはズバリ、
「ベリーショート」!

ベリーショートなんて、余計m字が目立っちゃうんじゃないかと思ったアナタ。
いえいえ、ベリーショートこそ、m字さん、薄毛さんの救世主!

しっかり刈り込んで地肌の色を見せることで馴染ませたり、
目立つポイントを作ってあげることで視線を分散させたり、
全体的な長さが短い分、気になる部分とのコントラストが薄まって、
悪目立ちすることなく自然にかっこいい髪型を実現できるのです。

しかも最近では、外国人風の思い切り刈り込んだスタイルが人気なのもあり、
「オシャレに見える」「清潔感がある」「男らしくてかっこいい」など、
今までの根強いファンに加えて、一般の女の子にも人気上昇中の注目の髪型、
それがベリーショートなのです!

一言でベリーショートと言っても、そのスタイルは様々ありますから、
m字さんにおすすめの代表的なスタイルを見てみましょう。

ツーブロック(オンザフェイス)


画像引用元:http://www.beauty-box.jp/

サイドを短くすっきりさせ、トップやそれ以外の髪を長めに残したスタイル。
トップとサイドの髪の長さに差をつけて、かぶせるようにしていることが特徴です。
オンザフェイスとは、前髪が下りているということです。

気になるm字は自然に流した前髪でふわっと隠して、動きのあるトップに視線を誘導します。
スッキリと刈り上げられたサイドがm字とのコントラストを和らげ、ついでに男らしさもアピール。
ポイントは、ちょうどm字の上にかぶさってくる毛束をすきすぎたり、短くしすぎないこと。
また、長さを残しすぎる、重さを残しすぎるのも厳禁です。
長くて重いと、風が吹いた時や、髪が濡れた時にパカッと割れやすくなり、
m字部分の肌色とのコントラストが強調され、隠しているつもりが逆に目立てせてしまいます。

こんな方におススメ

・全体の髪の量は結構ある
・短すぎる髪型は苦手
・スッキリかっこいい髪型にしたいけど、おでこを出すのはやっぱり抵抗がある
・おしゃれかつ自然にm字を隠したい
・ソフトな印象にしたい

スタイリング剤の量が多いと時間が経つにつれボリュームがつぶれ、
前髪がぺったりm字に張り付く原因になるので、
スタイリング剤は少しずつ、あくまで自然に、ふわっとなじませる感じで。
ワックスなどで整えた後、ヘアスプレーで固定するのがおすすめ。
髪が柔らかい場合は、スプレーワックスやパウダーワックスなど、
軽い質感のスタイリング剤を選ぶのも良いでしょう。

 

ネオ七三

 


画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000261837/style/L001248508.html?cstt=283
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000285707/style/L002999587.html?cstt=85

スタイルとしてはツーブロックに入りますが、
残したトップ部分にしっかりパート(分け目)をつけて
スッキリ顔を出してスタイリングすることが特徴の、大人っぽいスタイルです。

しっかり刈り込まれたサイドがm字の肌色を馴染ませ、
計算されて作りこまれたオシャレ感がm字から視線をそらします。
m字はがっつり見えますが、
オシャレ感や清潔感、上品さなど、個性が前に出てくるので、
「ごまかしている」感が薄れ、m字から気をそらせてくれます。

前髪部分を長めに残して、m字の部分にかかるように分けて少しおろすようにしたり、
あえてm字部分できっちり分けて「わざとやっている」感を強調したり、
お好みにあわせてアレンジもできます。

こんな方におススメ
・髪の量はまぁまぁある
・大人っぽくしたい
・外国人風にかっこよく決めたい
・スーツに似合う髪型にしたい
・品の良さも欲しい
・ツンツンショートに飽きた
・癖っ毛がまとまらない

ポイントは、サイドはしっかり刈込み、きっちりとスタイリングすること。
中途半端に長さを残してスタイリングしないと、
このスタイルの命である清潔感、クラシックさが失われてしまいます。
ジェルやグリース、ヘアクリームなど柔らかめの整髪料で、
ツヤを出して上品に仕上げるのがおすすめです。

ソフトモヒカン

 


画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000113410/style/L007493110.html?cstt=72
https://jp.pinterest.com/pin/409335053612745405/

トップに向かって長さが残るように、グラデーション状に全体的に刈り込んだスタイルです。
こちらも前髪を上げて、m字を隠すというよりあえてがっつり見せています。
実は角ばった額のラインは男らしさを強調するパーツでもあるので、
むしろちょっとm字な額の方がかっこよくキマるスタイルであるとも言えます。

トップとサイドとの長さの差を緩やかにすればソフトな印象に、
極端にすれば主張のある印象に。
全体的な長さが短いので手入れがしやすく、ボリュームも出しやすいので、
m字に加えて全体的な薄毛でお悩みの方にも適したスタイルです。
少しの違いで印象が変わるので、
ぜひ、刈り上げの得意な美容師さん・理容師さんに切ってもらいましょう。

こんな方におススメ

・髪の量が全体的にちょっとさみしくなってきた
・m字が結構進んできた
・スタイリングはパパっと済ませたい
・スーツにも合う清潔感が欲しい
・明るい印象にしたい
・男らしさを前に出したい

m字の部分を思い切り切り込むのがやっぱりちょっと不安という方は、
スタイリングした時に、m字の頂点の部分に少し髪が残るように切ってもらいましょう。
基本的には頭頂部に向かって髪を立たせるようにスタイリングします。
頭皮に近い分、髪にワックスが残るのが心配な場合は、
比較的落としやすい水溶性のジェルを使うと良いでしょう。

番外編:オシャレボウズ

 


画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000177477/style/L003169222.html?cstt=8
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000183889/style/L007992783.html?cstt=12

ここまでくるとベリーショートの域を出てくるのですが、
オシャレボウズも、m字さん・薄毛さんにはもってこいの髪型です。

ただの刈り込んだだけのボウズとは違い、どこかにデザイン性があることが特徴です。
ここまでで紹介したスタイルも、刈込みの範囲がかなり広くなると、
オシャレボウズと呼ぶようになります。

ジェルなどでスタイリングして質感を与えたり、
カラーリングやメガネなどの小物を加えてみるなどして、
「ただのボウズ」にならないように気を付けましょう。

まとめ

・m字を長い髪で隠そうとするとかえって目立つ
・スッキリ短くした方が全体的な色のコントラストが馴染んでm字が目立ちにくくなる
・目が行くポイントをしっかり作ることでm字から意識をそらすことができる
・潔く出した方が男らしくてかえってかっこいい
・女子はハゲていることよりも、それを隠そうと必死な姿に萎える

m字を気にしている人に多いのが、それを気にして隠そうとするあまり、
不自然な髪型になってしまっているということです。

大切なのは「何が何でもm字を隠す」ことではなく、
「似合う髪型でかっこよく見せる」ことではないでしょうか?

この記事を参考に、自分にあった髪型を見つけて、新しい自分に出会ってみて下さいね!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です