ツーブロックに失敗されたら○○すべし!修正、フォロー方法を紹介!




ツーブロックにしたけどなんか変…

 

美容室に行くと必ずと言って勧められるのが

ツーブロックにしませんか?
刈り上げますか?

と聞かれますよね。

 

美容師さんに勧められたからツーブロックにしたけど、

とてもセットがしづらい
なんか変な髪型になった
ツーブロックになんかしなければよかった

そうよ後悔してる方は多いのではないでしょうか?

 

確かにツーブロックスタイルというのはサイド襟足の長さとトップの長さを繋げない髪型のため、少しセットが難しい髪型でもあります。

 

 

髪質によっては浮いてしまったりする可能性もあります。

 

美容師さんに勧められたからせっかく刈り上げたのになんか変になってしまった。
どうにかする方法はないかな?

 

そう悩みの方は多いと思います。

 

ですのでこれからツーブロックに失敗された時のフォロー方法をご紹介していきたいと思います。

 

浮いてしまう

 

髪の毛が固い男性や直毛の男性によくあるパターンです。

 

髪の毛がとても元気で丈夫な男性は長さを残しても髪の毛が浮いてしまいやすいです。

浮いてしまうとサイドの部分がぼさっと広がってしまいかっこ悪いですよね。

 

ツーブロックにしたけど逆に広がってしまうという方はこのような現象が起きている可能性が非常に高いです。

 

こういった場合はセットの仕方を工夫するしかありません。

ドライヤーで乾かす時にサイドの部分は上から風を当ててドライヤーで抑えるしかないです。

 

さらにワックスなどを使って浮いている部分が目立たないようにするのも方法ですね。

もともとツーブロックスタイルというのはワックスなどをつけないと変な髪型になってしまう可能性が高いので、毎日セットはするようにしてみてはいかがでしょうか。

ヘルメットみたいになってしまっている

こちらのように刈り上げ部分と上の部分が馴染んでなくヘルメットみたいにかぶっているヘアスタイルになってしまう場合もよくありますね。

 

こういう髪型にしたければいいのですが 爽やかなツーブロックスタイルを想像していた方にとってはこちらのようなラインがきっちりと残ったツーブロックスタイルは少し抵抗がありますよね。

 

こういう場合は もう一度同じ美容室に行ってもう少し軽くしてくださいと頼むようにしましょう。

カットラインがきれいに残っているのはあまり好きではないということを利用者さんに伝えなじませてもらうことで多少は良くなることでしょう。

 

うまくセットできない

 

いざツーブロックにしたけれどもどのようにセットすればいいかわからないという方も多いと思います。

そんな方にこれからセットの仕方を紹介していきます。

 

ツーブロックのセットの仕方はトップにボリュームを出しサイドを潰してあげる。

 

この二点を守るだけでかっこいいツーブロックスタイルはできます。

 

ドライヤーで乾かす時にトップの部分はふんわりとサイドの部分は抑えるようにセットするようにしましょう。

そうすることで綺麗なシルエットのツーブロックスタイルが出来上がります。

 

柔らかいワックスより固めのワックスなどを使ってあげた方がシルエットが作りやすいのでおすすめです。

 

ツーブロックのセットは難しいのではないかと思われている方も多いかもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単です。

僕も現在ツーブロックスタイルにしておりますが、もみあげ襟足の癖の強い部分が刈り上がっているため毎日のスタイリングはとても楽です。

 

セットのコツさえ押さえてしまえば毎日のセットが楽になり髪型もかっこよくなること間違いなしですのでぜひぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

なぜツーブロックは失敗されてしまうのか

 

なぜ美容師さんはツーブロックスタイルを良くすすめてくるのに失敗されてしまうのでしょうか?

 

美容師さんに言われたのに…

という方も多いと思いますので解説していきたいと思います。

 

そもそも髪質に合っていない

 

ツーブロックスタイルというのは上の長さと下の長さが繋がっていないため一般的に見れば不自然なヘアスタイルになります。

 

しかし耳周り襟足がすっきりすることによって清潔感があり男らしく見えるため、現在ではスタンダードなヘアスタイルになりました。

 

しかし直毛の男性や剛毛の男性が何も考えずにツーブロックにしてしまうと、サイドが浮いてしまったり変に広がってしまったりする可能性がとてもあります。

 

ですので髪の毛の量が多い・直毛だなと思う場合はツーブロックを勧められても、

美容師さんに浮いてしまったりしませんか?

などと相談するようにしましょう。

 

そこを相談することで失敗がなくなり、失敗されてうまくセットできないなどということは少なくなるでしょう。

 

そもそもこういう部分は美容師さんが相談に乗ってあげるべき事なので、信頼できる美容師さんをまずは見つけるというのが一番大切ですね。

 

ツーブロックを失敗された際のフォロー方法

 

ツーブロックを失敗された時のフォロー方法は大きくパーマをかけるかベリーショートにするかハードワックスを使うの3点があります。

一つ一つご紹介していきます

 

パーマをかけて馴染ませる

 

ツーブロックの部分が浮いてしまったりうまく馴染まないとお悩みの方はパーマをかけてみてはいかがでしょうか?

浮いてしまう男性は髪の毛がピンピンとしているためなじまない場合が非常に多いです。

そんな男性にオススメなのがパーマをかけることです。

直毛の男性がツーブロックにする場合はパーマをかけてあげた方が絶対自然に仕上がります。

こちらのようなツーブロックショートスタイルを直毛の男性がやりたい場合は毛先にパーマをかけて動きが出るようにしてあげるとなお良いですね。

こちらのように毛先にのみパーマをかけ英語気を出すという方法もあります。

 

 

強めにパーマをかけてオシャレに決めるという方法もありますね。

 

 

あなたの好みになりますので好きな方を選んで美容師さんに相談してみるといいですね。

ベリーショートにしてしまう

 

 

もう一つはベリーショートスタイルにしてしまうというのも一つの方法です。

特に剛毛の男性は刈り上げてサイドの長さを長めに残したとしても、浮いたり広がってしまう可能性がとても高いです。

 

広がってしまうのなら広がらない部分まで刈り上げてしまいましょう。

 

そうすることで毎日のセットも非常に楽になりますし、さらに清潔感もとてもあり男らしさも増すこと間違いなしですので、こちらのようなベリーショートスタイルにしてしまうというのも一つの手でしょう。

さらに毎日のスタイリング時間がとても楽になるというのもメリットですね。

 

試してみてはいかがでしょうか?

スーパーハードワックスを使う

 

うまくセットできないという方はワックスなどをハードワックスにしてみるというのも一つの方法です。

うまく馴染まないのであればかなり固めのワックスで無理やり毛先を動かしてしまいましょう。

 

剛毛の男性などはワックスをなどをつけてもあまり思い通りに動かせないことがあると思います。

しかしスーパーハードワックスを使えば剛毛の男性でもある程度髪の毛に動きを出すことができます。

カットの際も量を減らしてもらって動きが出やすいようにしといてもらうのも一つのポイントですね。

 

ワックスのおすすめは

 

こちらのピース フリーズキープワックス


アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

 

ウェーボデザインキューブホールドワックス

 


ウェーボ デザインキューブ ホールドワックス 80g

 

の2点が非常に人気でおすすめのワックスになります

 

ワックスなどもドラッグストアなどでよく売っているワックスではなく美容室専売品として売っているヘアワックスの方がセット力もあり使いやすいです。

シャンプーなどでも落としやすいワックスが多いのでぜひぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

ツーブロックにしたのに失敗されてしまったあなたもこちらの記事を読んで、あなたに合った 対処方法を見つけてくださいね。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です