メンズの白髪染め問題。泡カラーって実際どうなの??




自宅で白髪染めをしたい

 

白髪が気になるから白髪染めをしよう。
美容室ではなく自宅で綺麗に出来ないだろうか?

 

と考えた時に出てくるのは市販のカラーですよね。

 

カラー剤というのは今までクリーム状のカラーでしたが、最近泡カラーというのが市販のカラー剤だと主流になっております。

ムース状でカラー剤が出てくるのが特徴ですね。

 

泡で出てくるためご自宅でもやりやすいとの評判がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

詳しく紹介していきますね。

 

check
この記事を読むことで泡カラーのメリットデメリットが分かります。

 

さらに自分に合ったカラーが選べるようになります。

 

是非この記事を読んで自宅で白髪染めにチャレンジして、見た目年齢を若く見せてしまってください。

 

泡カラーって実際どうなの??

 

そんな市販のドラッグストアなどに売っているカラー剤ですが実際のところはどうなのでしょうか?

泡カラーというのはとても手軽にできるためメリットもたくさんあります。

詳しく紹介していきますね。

 

手軽にカラーができて塗りやすい

 

まず泡カラーのメリットと言えば手軽にできて塗りやすいということでしょう。

ヘアカラーというのは、こまめにスライスを取ってカラーをしなければいけなかったため、とても手間がかかるものでした。

 

しかしムース状で出てくる泡カラーというのはとても塗りやすくなっております。

特に後ろの部分などは今まで全く見えなくてカラーがしづらいと思った方も多いでしょう。

 

ryohei

泡カラーでしたら泡を全体に揉み込むだけでいいので、簡単にカラーすることができますね。
この手軽さと塗りやすさが泡カラーの一番のメリットでしょう。

 

ムラなく染まる

 

ムラなく染まるというのも泡カラーのメリットですね。

泡で出てくるため、髪の毛全体にムラなく塗ることが出来るため、塗り残しを防ぐことができます。

クリーム状のヘアカラーですと塗れていない部分がムラになってしまったりした経験もある方もいると思います。

 

泡カラーはそんな心配はありません。

 

泡状のカラー剤を全体に揉み込むだけでなじませることができるため、素人の方がご自宅でやってもムラなく染まります。

 

ryohei
そんなメリットばかりの泡カラーですがデメリットはあるのでしょうか?

 

泡カラーのデメリット

 

リタッチができない

泡カラーは泡で出てくるために根元だけのリタッチはできません。

 

全体にカラー剤がついてしまうため根元のみで染めるのは少し難しいかもしれませんね。

 

ryohei
根元だけを染めたいという場合は泡カラーではなく、クリーム状のカラー剤を使った方がいいですね。

 

ダメージが気になる

泡カラーに限らず市販のカラー剤は、美容室などでやるカラー剤よりも強めに薬が配合されているため髪の毛のへの負担が少し大きいです。

 

さらに毛先の部分にたくさんカラーがついてしまうことからダメージには注意が必要ですね。

 

しかしパッケージに書いてある注意事項をよく読んで、放置時間などを適切に守れば最低限のダメージで染めることができます。

 

色が少し入りにくい場合がある

 

白髪というのは通常の毛髪に比べて色が入りにくい傾向にあります。

 

特に白髪が多く溜まっている部分などは、泡カラーですと染まりが薄くなってしまう場合があります。

クリーム状でしたら多めに塗布などができるのですが、泡カラーの場合、少し難しく白髪が浮いてしまう可能性もあります。

 

ryohei
もし泡カラーでカラーリングをして、白髪が浮いてしまった方は白髪が染まりにくい髪質の場合がありますので、美容室などでしてもらった方がいいと思います。

 

泡カラーは手軽に染められるがダメージ染まり具合は注意!

 

そんな泡カラーですが、手軽に染められるので、

忙しかったり、カラーにあまりお金をかけたくなかったり、自宅にでカラーをしたいという方にはとてもお勧めです。

 

しかしダメージや染まり具合には注意しましょう。

 

  • ダメージに関してはこまめにトリートメントをしてあげたり、カラーの後のシャンプーをしっかりとしたり、パッケージに書いてある放置時間を適切に守ることで軽減させることができます。
  • 染まり具合に関しては白髪が多くて気になる部分には、多めに泡を乗せてあげるようにしましょう。

 

この2点を守れば泡カラーは非常におススメです。

 

人気のメンズ泡カラーを紹介!

 

泡カラーでおすすめなのは

ナチュラルブラック系の色味かダークブラウン系の色です。

 

白髪染めの場合、白髪の部分は染まりづらい場合が多いのでブラックかダークブラウンなどの暗めのカラー剤がおすすめですね。

メンズビゲン、ルシードカラーなどは男性向けの白髪染めなっており、頭皮に優しい処方なため、とてもおススメです。

ぜひぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

頭皮やダメージが気になる方はカラートリートメントもおすすめ

 

ryohei
もし自宅でカラーを考えている方で、なるべく頭皮や髪の毛にダメージがない方がいいという方はカラートリートメントもおすすめです。

 

カラートリートメントは頭皮や髪の毛に優しいです。

しっかり染めることができるためホームカラーにおすすめですね。

 

髪の毛が明るくなったりはしませんが、白髪を染めるだけでしたらカラートリートメントは非常に便利です。

特にこちらのデオナチュレはネットで一番人気のカラートリートメントになっております。

こちらも試してみてはいかがでしょうか?

 




「染まる」ことにこだわった【マイナチュレカラートリートメント】

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

自宅でヘアカラーをするのに泡カラーは とても手軽にできるのでお勧めです。

ただダメージが少し心配ですので こまめにトリートメントなどをするか、カラートリートメントを使ってあげるのがおすすめです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください