50代になったら、髪型は短髪がおすすめな理由。大人なベリーショートを紹介!




50代になったら、髪型は短髪がおすすめ!

 

自分らしくあるため、モテるためなど、色々な髪型を楽しみ、
似合う髪型を模索してきたであろう50代。

30代、40代になる頃から大人特有の髪の悩みを抱えるようになり、
流行りに乗ってロン毛にしたことや、有名人にあこがれてパーマをかけたり、
やりたい髪型はなんでもやったしそれなりにキマっていた、
輝かしい髪型遍歴に思いを馳せる…そんな方も少なくないのではないでしょうか?

そんな方々に声を大にしてお伝えしたい。
50代になったら、髪型は断然、短髪!
ここでいう短髪とは、刈り上げ、ベリーショートを含みます。

どうしてそんなに強く推すのか?

その理由をご説明します。

・50代の男性に短髪がおすすめの理由

50代の男性の多くが頭を悩ませている、薄毛、白髪問題。

これらが抱える様々な問題を解消するのがまさに、短髪なのです。
それぞれの相性やその理由について、詳しく見てみましょう。

 

白髪と短髪・ベリーショートの相性

実は短髪は白髪とは相性が抜群です。

こめかみやもみあげ付近、分け目のあたりなど、
なぜか目立つところに固まって生えるのが白髪。

しかしこれは短髪・ベリーショートにすることで、
デザインの一部としてかっこよく解決できるのです。

白髪が悪目立ちする、マイナス印象になるのにはいくつか原因があります。

①地毛とのコントラストが強すぎて目が行く
②白髪(と断定できる範囲)の面積が大きいので目が行く

結果…
手入れが行き届いてない感じがする(マイナスイメージ)

これらは、短髪にすることで
簡単に解決できます。

 

①全体的に短いので地毛と白髪のコントラストが気にならなくなる

全体的に長めにしていると、
髪を含む顔全体を見たときにベースとなる暗い色の面積が多くなり、
白いものを見た時のインパクトが強くなります。

全体の長さが短くなれば、地毛の色の面積も減り、
肌の色の面積が増えるので、白髪のインパクトが弱くなります。

全体になじんだ印象になりますから、悪目立ちすることなく、
意識を白髪に集中させないようにすることができます。

②白髪が肌になじむ

この場合も、全体的に長さがある場合、
特に白髪が密集して生えることの多いこめかみ、もみあげ、耳周りなど
これらの白髪密集ポイントの髪も当然長いでしょうから、
長さの分、白髪と認識できる面積が大きくなります。

全体の長さが短くなれば、当然白髪の面積も小さくなりますし、
短い毛の隙間から地肌がのぞいたりもしますから、
短いために黒ではない色(肌色)が見えているのか、
白髪が多いのか、その境目が判断しにくくなるという効果があります。

全体のコントラストが弱くなるので、
白髪は丸見えにはなりますが、肌の色に馴染んでソフトな印象になりますし、
それがデザインの一部にもなり得ます。

 

結果…
白髪もデザインの一部にした、かっこいい白髪ヘアに見える!

中途半端な白髪量で中途半端な長さの髪型というのは、
マメに染めている場合を除いて、どうしても気を使ってないような、
これまた中途半端な印象を与えます。
これも短髪にすることで、その最大の魅力である「清潔感」を手に入れることができ、
「手入れが行き届いている」印象を与えられます。

 

シンプルなショートヘアがかっこいい渡辺裕之さん。


画像引用元:http://xn--eckwc5f4c092q4jbh8cs6szt8kcog.xyz/327.html

 

・薄毛と短髪・ベリーショートの相性って?

実は短髪は薄毛とも相性が抜群!

それどころか、なんと薄毛をかっこよく見せる救世主なのです。

 

メリット①ボリュームが出る

髪が薄くなるとボリュームがなくなり、スタイリングをしてもヘタってしまったり、
額に張り付いたりしてうまく決まりません。

長さが短くなればその分髪の重さも減るので、重力に対抗できるようになり、
スタイリングも簡単に決まります。

 

メリット②毛量の多い部分との差が目立たなくなる

サイドなどを短く刈り込んだり量を減らしたりすることで、
トップなどの毛量の少ない部分との毛量差を縮めさせたり、
地肌の間から見える肌の色が気になる部分以外にも増えることで、
そのコントラストを弱くして、
気になる部分を自然に目立たなくさせることができます。

例えばソフトモヒカンは毛量の多いサイドをがっつり刈り上げることで
サイドの薄毛も目立たなくさせつつ、
トップに向かって長くなるので、地肌をカバーしながらボリュームもキープできて、
さらに頭の形も良く見えるため、特に人気があります。

芸能人にもやっている人が多いですが、薄毛よりもかっこよさの方が際立っていますね。

画像引用元:http://eiga.com/news/20170119/11

男らしくもソフトな印象の渡辺謙さん。

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12163526302

立たせたトップとカラーで遊び心を出した所ジョージさん。

 

・50代の髪型は短髪で大人の色気をだそう!

大人の色気ってなんだろうと考えるとき、思いつくのは、

落ち着いている、ガッツかない、余裕がある、穏やか、スマート…

というところではないでしょうか?

薄毛や白髪を隠すのに必死になったり、
変に若作りしすぎるのも色気があるとは言えませんよね。

ここはひとつ、薄毛、白髪など自分の気になるところを受け入れて、
自分に合った短髪を乗りこなすことで、
自分と上手に付き合っている大人の余裕、
若者にはない色気を見せつけてやりましょう。

 

手入れされた白髪の男性にダンディズムを感じる、
グッとくるという女性は結構多いという事もお伝えしておきます。

 

・「魅せる」50代のおすすめヘアスタイル集

ソフトモヒカン

画像引用元:http://www.imgrum.org/tag/

 

メンズベリーショートスタイル
白髪を活かして、黒髪からではなかなか出しにくい色味、アッシュグレイに染めています。
スッキリ刈り込まれたサイドとバックがかっこいい!

 

ツーブロック(オールバック)

画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000289692/style/L004101266.html?cstt=17

白髪の多いサイドを刈り込んでデザインの一部に。

若者にはまねできない渋さ!

 

スキンフェード

画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000289692/style/L004513368.html?cstt=257

かなり短く刈った生え際から徐々に長くなる、海外で人気のスタイル。
白髪とマッチしてますね。

番外編:クルーカット

画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000289692/style/L003926161.html?cstt=131

いわゆるボウズに限りなく近いですが、前髪やトップをほんの少し長めに残すことで遊びを作っています。

ストイックでかっこいい!

写真のモデルさんのように、飾らなくても渋さが溢れ出てしまう方は挑戦してみるのも良いかもしれません。

まとめ

・白髪は短髪で「馴染ませる」ことができる

・計算されたカットで白髪もデザインの一部に

・薄毛も短髪でとにかく「馴染ませる」

・トップの薄毛対策に短髪は最適。おすすめはソフトモヒカン

・短髪の持つ「清潔感」で中途半端な印象を払拭!

・加齢も受け入れて似合うヘアにしている姿にこそ「色気」が宿る

 

この記事が世にダンディーなオヤジを増やす一助となれば幸いです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です