50代男性におすすめの髪型とは?薄毛、白髪が目立たない短髪を紹介!




50代になったら、髪型は短髪がおすすめ!

 

自分らしくあるため、モテるためなど、色々な髪型を楽しみ、似合う髪型を模索してきたであろう50代。

 

30代、40代になる頃から大人特有の髪の悩みを抱えるようになり、

流行りに乗ってロン毛にしたことや、有名人にあこがれてパーマをかけたり、

やりたい髪型はなんでもやったしそれなりにキマっていた。

 

輝かしい髪型遍歴に思いを馳せる…

そんな方も少なくないのではないでしょうか?

 

そんな方々に声を大にしてお伝えしたい。

50代になったら、髪型は断然、短髪!

ここでいう短髪とは、刈り上げ、ベリーショートを含みます。

 

『どうしてそんなに強く推すのか?』

 

その理由をご説明します。

 

50代の男性に短髪がおすすめの理由

 

50代の男性の多くが頭を悩ませている、薄毛、白髪問題。

これらが抱える様々な問題を解消するのがまさに、短髪なのです。

それぞれの相性やその理由について、詳しく見てみましょう。

 

白髪と短髪・ベリーショートの相性

 

実は短髪は白髪とは相性が抜群です。

こめかみやもみあげ付近、分け目のあたりなど、なぜか目立つところに固まって生えるのが白髪。

しかしこれは短髪・ベリーショートにすることで、デザインの一部としてかっこよく解決できるのです。

白髪が悪目立ちする、マイナス印象になるのにはいくつか原因があります。

 

  1. 地毛とのコントラストが強すぎて目が行く
  2. 白髪(と断定できる範囲)の面積が大きいので目が行く

 

結果…

 

手入れが行き届いてない感じがする(マイナスイメージ)  

 

これらは、短髪にすることで簡単に解決できます。

 

短髪にすることで、地毛と白髪のコントラストが気にならなくなる

全体的に長めにしていると、髪を含む顔全体を見たときにベースとなる暗い色の面積が多くなり、白いものを見た時のインパクトが強くなります。

全体の長さが短くなれば、地毛の色の面積も減り、肌の色の面積が増えるので、白髪のインパクトが弱くなりますね。

ryohei
白髪が全体になじんだ印象になりますから、悪目立ちすることなく、意識を白髪に集中させないようにすることができます。

 

短髪にすることで、白髪が肌になじむようになる

全体的に長さがある場合、特に白髪が密集して生えることの多いのは、

こめかみ、もみあげ、耳周りなどです。 

これらの白髪密集ポイントの髪も当然長いでしょうから、長さの分、白髪と認識できる面積が大きくなります。

 

全体の長さが短くなれば、当然白髪の面積も小さくなりますし、短い毛の隙間から地肌がのぞいたりもしますから、

短いために黒ではない色(肌色)が見えているのか、白髪が多いのか、その境目が判断しにくくなるという効果があります。

全体のコントラストが弱くなるので、白髪は丸見えにはなりますが、肌の色に馴染んでソフトな印象になりますし、それがデザインの一部にもなり得ます。

ryohei
短髪にすることで、白髪もデザインの一部にした、かっこいい白髪ヘアに見えますね^^

中途半端な白髪量で中途半端な長さの髪型というのは、マメに染めている場合を除いて、どうしても気を使ってないような、これまた中途半端な印象を与えます。

短髪にすることで、その最大の魅力である「清潔感」を手に入れることができ、「手入れが行き届いている」印象を与えられます。

 

シンプルなショートヘアがかっこいい渡辺裕之さん。


画像引用元:http://xn--eckwc5f4c092q4jbh8cs6szt8kcog.xyz/327.html

 

次のページでは薄毛とベリーショートの相性がいい理由について紹介していきます!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください