子供、男の子の髪型は自宅で切れる?切り方、コツ、バリカンでの刈り上げ方を紹介!




男の子の髪型問題、流行りのツーブロック…自宅で切れる?失敗しない切り方は?

男の子の髪型のお悩み。

どんな髪型にする?どうスタイリングする?

色々あって悩みますよね。

 

男の子の場合、

  • そもそもお店に行くのを嫌がる。
  • やっと連れて行ってもじっとしてくれない、なだめるのが大変・・
  • せっかく苦労してかっこよくカットしてもらってもすぐに伸びてしまって、またすぐに行かないといけない…

 

などなど、意外なところで悩まされることも多いはず。

 

一度きれいに整えれば比較的長持ちする女の子の髪型に比べて、男の子の髪型をかっこよくキープするには、経済的にも体力的にも負担があるでしょう。

 

自宅でできたら…と思うのは自然なことでしょうが、実際それは可能なのでしょうか?

 

男の子の髪型、自宅で切ることってできる?

point

具とスペースがあることと、ちょっとしたコツがわかれば可能です。

子供がじっとしてくれることが前提ですが…。

 

男の子カットに必要なもの

くし

髪をとかしたりすくい上げるために使います。

 

はさみ・すきバサミ

髪を梳いて毛の量を調節するだけでなく、ぱつんとしたラインを出さないように長さをカットするときにも使えます。

なければ普通のハサミでも大丈夫ですが、どちらか一方を用意する場合はすきバサミが便利です。

 

髪を留めるクリップ

切りたくないところを留めておいたり、髪を分けるのに使います。3~4本あれば良いでしょう。

 

ケープ

髪が服につくのを防ぎます。

裾が返しになっているものなら後片付けも楽ですね。

100円ショップ、バラエティショップなどで手に入ります。

 

長さが調節できるバリカン

ツーブロックや刈り上げなど、短い部分を手早く簡単にカットするのに使います。

長さ調節ができるので、ベリーショートなら一台でカット可能。

そこまで短くしない場合はなくても良いですが、襟足や耳周りなどに使えば仕上がりもきれいなので、あると便利です。

カット時に気を付けること

自宅カットの失敗でよくあるのが、

point
・バツンと揃いすぎてしまった

・逆に不揃いになりすぎた

・切りすぎた

 

というものです。

 

これらを防ぐには、

point
髪を細かく分けて切る

・髪を持ち上げて切る

・ハサミを縦に入れる

・様子を見ながら少しずつ切る

 

というシンプルなルールがあります。

 

時間をかけて慎重にやれば大きな失敗は少ないと思うのですが、意外と体力がいることと、子供が動いたり、大胆にいってしまった時には残念なことに…

より安全に、失敗とストレスを少なくするには、道具も重要になってきます。

ryohei
スキばさみを使えばぱっつんにはなりにくいですし、バリカンを使えば、長さが不揃いでガタガタになること、いわゆるトラ刈りになるリスクが大幅に減りますね。

 

次のページでは『はさみとバリカンどっちがいい?』について説明します!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください