クールグリース・クックグリースがメンズに大人気?種類・使用感などを紹介!




クールグリースシリーズがメンズに大人気ってホント??

 

誰よりもカッコイイヘアスタイルをめざしたいというときに、ワックスやグリースは頼もしいアイテムです。

自宅でもサロンのような髪型をキープしたいときは、遊ばせたり固めたりが自在のスタイリング剤が必須ですね。

今回は、パッケージもカッコよくて使い勝手も抜群のクールグリースを紹介します。

 

クールグリースといえば株式会社阪本高生堂の商品ですが、まだ見たことがない方もいるかもしれませんね。

グリースはツヤ感・濡れ感重視のオトナのヘアスタイルには欠かせないものですが、クールグリースはその中でも特に有名な商品です。

パッケージがロックな感じで、持っているだけで気分がアガっていきそうです。

 

クールグリースシリーズの種類

 

ラインナップを見ていきましょう。

  • クールグリースG
  • クックグリースXXX
  • クールグリースXX
  • クールグリースR
  • ファイバーグリースF
  • クールグリースGフラット

 

クールグリースG

 

 

まずは涼しいスカイブルーのクールグリースG、中身もソーダのような爽やかなブルーで、ライムの香りがついています。

ツヤ感もハードさも期待できるので、オーソドックスなヘアスタイルにぜひ。乱れに強いところもいいですね。

 

クックグリースXXX

 

 

それから、ニワトリの絵が描かれたクックグリースXXX。

イラストのようなトサカを作りたい方向けです。

イベントのときや気合を入れたいときにぴったりのクックグリースXXXは、ハードさがずば抜けているので逆立ちヘアを作れるでしょう。

イエローの中身はパイナップルの香りでファンキーな気分になりそうです。

 

クールグリースXX

 

 

見た目がクールなブラックの容器入りのクールグリースXXは、ツヤ重視でキープ力も高め。

モンキーバナナの香りつきで、気持ちよくセットできそうです。

光を受けてツヤができるのでツヤ感が欲しい方に。

オールバックにもぴったりです。

 

クールグリースR

 

 

レッド系のパッケージのクールグリースRは、バランスよく使えるグリースで、誰からも好感を持たれやすいアップルの香りです。

グリース入門にちょうどよい商品ですね。

 

ファイバーグリースF

 

 

明るいイエローの容器のファイバーグリースFはファイバー配合で伸びがよいのが魅力。

トロピカルフルーツの香りです。

 

クールグリースGフラット

 

 

個性的なグリーンのパッケージのクールグリースGフラットはライムの香りで、「クールグリースGのツヤを半音押さえた姉妹品」とのこと。

わずかな差を楽しめる商品です。

 

とにかく種類豊富なクールグリースですが、それも多彩なヘアスタイルに対応するためなのでしょう。

使い分けて自分の好みを発見してください。

 

クールグリースの価格は?

 

気になる価格ですが、Amazonでは、30gが540円、87gが1170円、210gが2700円でした。(クールグリースGの場合。種類によって値段が少し違います)。

ワックスとも併用できるので、合わせて使ってもいいですね。

 

クールグリースの評価は??

 

レビューでの声を紹介しましょう。

 

多くの人がトライしているクールグリースなので、レビューもたくさんありますが、おもに洗い流しやすいところが高く評価されているようです。

かっちり固めたり濡れ感を出すためにたくさん使っても、きれいに落とせるなら安心ですよね。

ツヤがきれいなところもよいですね。髪に馴染みやすいのでリピートしている方もいるみたいです。

 

クールグリースXXのモンキーバナナの香りは甘めで評価が分かれるようですが、使用感については満足されている方が多いです。

使用後に固まるとのことなので、仕上がりにこだわりがある方は覚えておくとよいですね。

 

クールグリースRはウェーブヘアやくせのある髪の方にも使われているようです。

ほどよいホールド感も評価されていますね。初心者にも使いやすいもののようです。

 

クックグリースXXXはキープ力が強く、ヘアスタイルが持続するという声があります。

香りが栄養ドリンクに似ているそうなので、テスターがあれば試してみることもおすすめします。

ツヤも出やすいようです。

 

クールグリースGフラットはクールグリースGとの差を感じる商品のようで、濡れた感じが少なくパリッとすると言われています。

マットな感じにしてツヤを抑えたいとき使用したいですね。

 

おわりに

 

七三分けを現代風にしたヘアスタイルやオールバック風ツーブロックなども人気のヘアスタイルなので、グリースはセットに欠かせないと思います。

油性のものと違い、水溶性なのでベタベタ感も控えめで落としやすいのもクールグリースシリーズのうれしい点ですね。

香りもパッケージも豊富なので、やりたいヘアスタイルにぴったりなものを使いましょう。

 

いきなりたくさんつけずに少量ずつ馴染ませるのがコツのようです。

ワックスと混ぜる際も、相性のよいものを選ぶと持ちがよくなりそうですね。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください