中学生男子におすすめの髪型って?校則に引っかからないヘアを紹介!




まえがき

 

学校の校則というものは、最近の流行りで規制したり禁止にされたりします。

規定に記されているものとは別に、髪型や服装などが多く該当するでしょう。

今回は、「校則に引っかからない、中学生男子向け髪型」についてまとめました。

 

校則に引っかからない、中学生男子向け髪型の条件

 

 

頭髪での校則規定で多いものを紹介します。

 

  1. 前髪が目にかからない
  2. 耳を完全に隠さない
  3. 襟足がシャツにかからない

 

上記の3点が多く見受けられます。

 

さらに、学校側が奇抜だと認めた髪型は禁止になることがあります。

 

最近の事例を紹介すると、ツーブロック が禁止になっているようです。

他には「おしゃれ坊主」や「髪を立たせたスタイル」の髪型も、規制や禁止になっています。

俗にいう「遊んでそう」「野蛮に見える」といった意見が出れば、規制されることになるでしょう。

 

学校は「清潔感」「誠実そうに見える」髪型なら、認めるようです。

 

スポーツ刈りなどの「スポーツタイプ」や、自然な印象の「ナチュラルタイプ」などが該当します。

各学校によって多少の違いはあると思いますが、短ければよい、というものでもないということです。

 

中学生男子向けおすすめ髪型3選

 

中学生というのは、校則で厳しくされていてもおしゃれを意識するものです。

校則でも、大丈夫な髪型を紹介します。

 

【中学生男子向けおすすめ髪型①】ベリーショート

 

 

部活動などで汗をかいても清潔感があるように見えます。

ベリーショートの中には、スポーツタイプやナチュラルタイプもあり、無難に選べます。

 

種類で紹介するとスパイキーショートやヌーディーショートが該当します。

さらに「爽やかスパイキーショート」「クールスパイキーショート」など、部類分けもされているため、自分に合ったスタイルを選べるでしょう。

ソフトモヒカンは、学校によって禁止にしているところがあるので気を付けましょう。

 

【中学生男子向けおすすめ髪型②】ショート

 

ベリーショートよりも少し長く、ミディアムよりも短い髪型がショートです。

ある程度の長さがありながら個性も出せるので、最も多いスタイルではないでしょうか。

 

学生はもちろんですが、社会人でも多いのが特徴です。

前髪を下すとナチュラルな雰囲気あたえることができ、おでこを出すとさわやかな印象を与えることもできます。

 

スタイルのバリエーションの豊富さも魅力ですね。

パーマのような質感を出すこともできるので、学校へ通うときはナチュラルにでき、休日にはワックスなどでスタイルを変えることができます。

オンとオフで使い分けることができる、ということも選択肢の1つですね。

 

 

【中学生男子向けおすすめ髪型③】ミディアム

 

 

清潔感が印象的なミディアムヘアもおすすめです。

ショートと比べて、文化系のイメージがありますね。

 

自分の髪に癖がある人にも人気です。

前髪を流せたりするので、アレンジもしやすい髪型ですね。

 

長さがあれば、くせ毛も活かすことができます。

自分のコンプレックスを克服することもできます。

 

おしゃれにできるのはミディアムヘアの特徴です。

しかし長髪になりやすいので、校則には引っかかりやすい髪型といえるでしょう。

 

目や耳、シャツに髪がかかっていないか注意して確認しないと、せっかく整えた髪型を変えなくていけなくなります。

 

上記で紹介した種類であれば、校則に引っかかる確率は低いでしょう。

色んなスタイルを見て、学校生活に支障ないものを選んでくださいね。

 

 

校則に引っかからない髪型のオーダー方法

 

校則に引っかからない条件やおすすめにも記載しましたが、基本的に「長すぎる」と学校の目にとまってしますようです。

では、何に気を付けてオーダーすればよいのでしょうか。

 

 

髪を「ツンツン」にしない

 

ベリーショートやショートのような、「自然」な髪の立ち方であれば大丈夫です。

しかしミディアム、さらにはロングの髪型で立たせてしまうと規制されるでしょう。

ある程度、ナチュラルな立たせ方ができるオーダーはおすすめです。

 

刈り上げる

 

スポーツをしている学生は、刈り上げたほうがよいかもしれません。

種目問わず髪が邪魔にならないでしょう。

特に、サイドからバックにかけて刈り上げ、前髪を少し残しておく髪型は中学生から高校生になってもおすすめです。

 

おでこを見せる

 

自然とおでこが見えるように前髪を整えると、さわやかに見せることができます。

スポーツ刈りのような髪型でも、おでこが見えるように前髪を残すと、さわやかでクールな髪型もできます。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

今回は「校則に引っかからない、中学生男子向け髪型」についてまとめました。

 

短ければ校則に引っかかるリスクは低くなることが多く、長くなればリスクが高くなることが分かりました。

中学生は思春期真っただ中ですので、校則に違反してしまうことがあります。

 

特に頭髪は簡単にアレンジできるため、多くの学生がおしゃれにしたりかっこよくしたりするでしょう。

学校は「勉強」をするところですので、羽目を外しすぎないように髪型を選んでくださいね。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください